カワサキ Z

最近は旧車のオートバイエンジンの作業も多くいただきます。

中でも一番多くいただくのはカワサキのZ系です。

年代的に既に数回のオーバーホールを経験してきたエンジンも多く、エンジン開けてみると、過去に補修歴があるものがあります。

 

同型のエンジンを多くいただくため、作業中はマーキングをさせて頂いています。

 

このヘッドの場合、プラグ穴の修正がしてあります。

バルブシートの落ち込みも大きく、交換が必要になりそうです。