エンジン加工

2021/04/30

クランクシャフト、キー溝一本加工

クランクシャフトのプーリの取付部はキーによって取り付け位置を決め、ずれないような構造をとっている。

しかし、高回転域や回転の変動が激しかった場合、キーに負担がかかりズレを生じる場合がある。

それを解消するために、本来、三日月型のキーがプーリとギアの2箇所に入ってるものを、ストレートの一本のキーに加工します。その事によりキーのはまり込んでいる面積が増え、回転変動による負荷を解消出来ます。

投稿者: 稲谷篤